個人でもアクリル加工をオンラインでオーダーできるお店をまとめてみた【自作キーボードケースにも】

自作キーボードを設計したりカスタムしたりするときにぶつかるのが、

これ、どこで加工したらいいの?

と言う問題です。

ぼくもCorne(crkbd)を5列化したいと思ったときに、アクリル加工(トップ・ボトムパネルカット)が必要になりました。

そこでアクリル加工を個人でもオーダーできるお店をTwitterで聞いたり、自分で調べてみたりしたのでまとめました。

(ちなみに「こんなとこもあるよ」などの情報、大歓迎です。次からの加工の参考にさせてもらうので是非教えてください。)

個人でもOK!アクリル加工をオーダーできるお店を紹介

1. 工房emerge+

まずは、ぼくが今回お願いした「工房emerge+」です。

千葉県にある株式会社あおごちが運営するサービス&ECショップです。

A3/A4/A5/300x600mmのサイズで、 .ai、.pdf、.svg(Inkscape0.92以降)、.dxf(2007まで対応、必ずアスキーフォーマットで保存)のいずれかの専用フォーマットに沿ってデータを作成すれば制作してくれます。

▼専用テンプレート(ガイドライン>必ずテンプレートをご利用ください>各種テンプレート)

選べる素材は、

  • アクリル・キャスト材
  • アクリル・押出材
  • 木材・MDF材

です。

透明・不透明・マット・カラーエッジなどがあり、色も割と選択肢があるので興味のある人は一度公式サイトを確認してみてください。

▼素材リスト

気になる値段はデータによるので要見積もりですが、今回アクリル・押出材/マット黒/2mm/A4サイズで注文したところ材料費・加工費・送料含めても3,000円しなかったので、個人でも手が出しやすい値段です。

▼これのトッププレート・ボトムプレート各2つとチルト用の足のスペーサー3×8本足分+αが今回加工したものです。

納期も入金後、7日以内なので比較的すぐ確認できます。

2. はざいや

続いては秋葉原に実店舗も構える株式会社菅原工芸が運営するオンラインショップ「はざいや」です。

こちらはアクリルの販売をメインとしているだけあって、種類が豊富です。

またアクリルカット以外にもUVプリントなどの加工もやっているので、トータルでお願いするときには便利そうです。

3.遊舍工房

事業所移転ため受け付けを一時休止していましたが、復活しました。

次は自作キーボード専門店「遊舍工房」のレーザー加工サービスです。

自作キーボード専門店のサービスなので、自作キーボードの加工を頼む時は安心感があります。

またレーザー加工サービス以外にもUVプリントサービスもあり、自作キーボード関連の商品も帰るので、自分だけのキーボードをこのお店だけで作れます。

実店舗なら全国のファブスペースもおすすめ

ここまでオンラインでアクリル加工を頼めるお店を紹介してきましたが、実店舗に行くならファブスペースもおすすめです。

例えば、ぼくが行ったことがある場所だと名古屋・金山の「クリエイトベースカナヤマ」があります。

スペース利用料(一般2,000円)を払えばレーザー加工機を含めてスペースにある加工機械は使いたい放題というシステムになっているので、自分で加工しに行く時間がある人は割安になる場合もあります。

またファブスペースで加工機械に詳しいスタッフもいるので、相談しながら加工することもできるので心強いです。

最近では、結構いろいろな場所にあるのであなたの住んでいる地域にあるか興味のある人は下のリンク先のページで探してみてください。

まとめ

この記事では、個人でもアクリル加工をオンラインでオーダーできるお店を紹介してきました。

データさえ作れば(設計図さえあれば)意外と個人でも簡単に注文できるかもと思っていただけたら幸いです。

オリジナルのパーツを加工してあなただけの一台を作ってみてくださいね。